メインイメージ

事業目的

岐阜県がん情報センターの使命と活動目標

使命(Mission Statement)

岐阜県がん情報センターは、岐阜県のがん対策を総合的かつ計画的に推進するために必要な情報を整備する。岐阜県を中心とする関係者及びがん診療連携拠点病院等と協働して、がんに関する専門的、総合的な情報の普及、患者やその家族の継続的なケアに資するための企画、調整など、岐阜県のがん対策を推進するための情報発信の要の役割を果たす。

活動目標(Vision Statement)

岐阜県がん情報センターは、信頼のおけるがんに関する基礎知識、治療、予防などの情報をわかりやすく提供することにより、県民の皆さん、ならびにがんの患者さんやそのご家族が安心することができ、療養生活の質の向上を図れることを目標とする。

1)医療情報提供機能

がんの予防、早期発見と治療に関する医学関連の知識を普及するとともに、がんに対する地域・組織的な対策についての情報を集積して提供する。

  1. 県民の皆さんの自らの意思決定を支援するため、がんに関する信頼のおける情報をわかりやすく提供する。
  2. 提供した情報を利用して、患者さんと医療従事者がよりよい関係を構築できるよう支援する。

2)サーベイランス機能
  1. 岐阜県内のがん登録の標準化と精度向上を推進する。
  2. 県民にわかりやすいがんの統計情報を発信する。
  3. がん対策の立案と評価に利用できる統計情報を提供する。

組織図

組織図

平成25年度実績

平成25年度実績

平成25年2月 生活情報誌「ぷらざ」掲載

ぎふがんねっと開設について紹介されました。

平成25年2月14日 岐阜新聞 掲載

ぎふがんねっと開設について紹介されました。

平成25年2月15日 NHK岐阜放送局

「お昼のニュース」にてぎふがんねっと開設について紹介されました。

平成25年4月1日 中日新聞 掲載

ぎふがんねっとについて紹介されました。

平成25年9月7日(土)「県民公開講座」を開催

岐阜大学サテライトキャンパス多目的講義室において、第1回岐阜県がん情報センター県民公開講座「がん治療と連携パス」~地域連携パスを使っていきいきと~を開催し、県外の方も含め87名の方に参加頂きました。 岐阜県健康福祉部 有賀玲子保健医療課長の開会の挨拶にてスタートし、岐阜地域連携パスの話題や、専門医による日本人に多い5大がんの治療に関するテーマをもとに、6つの講演を行いました。

白鳥 義宗
    「連携パスってなに?」
    岐阜県がん情報センター長
    白鳥 義宗
尾関 豊 先生
    「大腸癌は進行しても治癒が望めます」
    木沢記念病院 外科部長
    尾関 豊 先生
進藤先生
    「肺癌診療はどこまで進んだか」
    大垣市民病院 呼吸器内科 主任部長
    進藤 丈 先生
長尾先生
    「乳癌の、ここが気になる」
    岐阜県総合医療センター 乳腺外科部長
    長尾 育子 先生
佐野先生
    「進歩する胃がんの治療」
    岐阜県立多治見病院 消化器内科部長
    佐野 仁 先生
長田 真二 先生
    「肝癌に関する最近の話題―外科治療を中心に―」
    岐阜大学大学院医学系研究科・医学部 腫瘍外科学分野 臨床教授
    長田 真二 先生

 3時間もの長い講演となりましたが、参加者の方はメモをとりながら、熱心に講演に耳を傾けており、がんに対する関心の高さがうかがえました。
 参加者へのアンケートでは、「多くの専門医の話が聞けてよかった」「連携パスをぜひ使ってみたい」等のご意見や、「がんにならないための食事を知りたい」「胃がんとピロリ菌除菌の関連性について聞きたい」等、今後の講座開催に向けて参考になる意見も頂きました。

皆様、ありがとうございました。

■講演スライド
こちらから、講演に使用したスライドをダウンロードする事が出来ます。
※講演タイトルを右クリックして「対象をファイルに保存」からでもダウンロード出来ます。







平成25年9月7日 岐阜放送

「NEWSぎふチャン」にて第一回岐阜県がん情報センター県民公開講座の様子が紹介されました。

平成26年3月28日 実績報告書発行

「岐阜県がん情報センター実績報告書2013 2014」を発行しました。
こちらから、実績報告書をダウンロードする事が出来ます。
※右クリックして「対象をファイルに保存」からでもダウンロード出来ます。

平成26年度実績

平成26年度実績

平成26年12月6日(土)「県民公開講座」を開催

去る平成26年12月6日(土)、 岐阜大学医学部記念会館2階ホールにて、第2回岐阜県がん情報センター県民公開講座を開催しました。

今回は、「がんと共に暮らす~自分らしい生活を求めて~」と題して、がんの診療、看護に関わる3人の先生にご講演いただきました。

有賀 玲子
    「開会のあいさつ」
    岐阜県健康福祉部保健医療課長
    有賀 玲子 様
古井辰郎 先生
    「がん治療と将来の妊娠・出産」
    岐阜大学院医学系研究科・腫瘍制御学講座
    産科婦人科学分野 准教授
    古井 辰郎 先生
田村 量哉 先生
    「緩和ケアにおける心のケア」
    岐阜市民病院精神科 兼 緩和ケアチーム 医員
    田村 量哉 先生
野崎 加世子 先生
    「住みなれた地域で自分らしく生き抜くために
    ~訪問看護の現場から~」
    公益社団法人岐阜県看護協会立訪問看護ステーション 統括所長
    野崎 加世子 先生
岐阜大学吹奏楽団
    「クリスマスコンサート」
    演奏:岐阜大学吹奏楽団

今回、自身ががんになられた方、自分の仕事に活かすことができるようにと、医療や看護の現場で働いている方や、ご家族を在宅介護されていた方等、県外からも含め、55名の方が参加され、みなさん熱心に講演に耳を傾けていらっしゃいました。

先生方の講演終了後は、岐阜大学吹奏楽団によるクリスマスコンサート。「きよしこの夜」「上を向いて歩こう」等、皆さんおなじみの曲の演奏に、リラックスをした時間を過ごしていただきました。終了後のアンケートでは、「お子さんの将来のもしもの時の為、自身の為にも大変勉強になった」「がんになり不安だったが、前向きに考えていこうと思いました」「さらに深く掘り下げた内容の講演をききたい」等感想をいただきました。

皆様、ありがとうございました。

■講演スライド
こちらから、講演に使用したスライドをダウンロードする事が出来ます。
※講演タイトルを右クリックして「対象をファイルに保存」からでもダウンロード出来ます。


平成27年度実績

平成27年度実績

平成27年11月7日(土)「第3回県民公開講座」を開催

11月7日(土)第3回県民公開講座「がん医療の最前線~より安全に~」を岐阜大学サテライトキャンパスにて開催し、県外の方も含め、74名の方にご参加いただきました。

大野 康
    「司会・進行」
    岐阜県がん情報センター長
    大野 康
有賀 玲子 様
    「開会のあいさつ」
    岐阜県健康福祉部保健医療課長
    有賀 玲子 様
山口 和也 先生
    「病状に沿った胃がん外科治療の実際」
    岐阜大学大学院医学系研究科
    腫瘍制御学講座 腫瘍外科学分野
    山口 和也 先生
澤 祥幸 先生
    「変革する新時代のがん薬物療法」
    岐阜市民病院 診療局長(がんセンター)
    澤 祥幸 先生
水田 啓介 先生
    「頭頸部がんの治療」
    岐阜大学医学部附属病院
    耳鼻咽喉科・頭頸部外科長
    水田 啓介 先生

講師の先生方は、最新情報を、映像やイラストを使いながら、わかりやすく語ってくださいました。参加者からは、「がんについて幅広く知る機会が得られました」「新薬の話など、少し将来の希望が持てた」等ご感想をいただきました。

皆様ありがとうございました。

■講演スライド
こちらから、講演に使用したスライドをダウンロードする事が出来ます。
※講演タイトルを右クリックして「対象をファイルに保存」からでもダウンロード出来ます。







Copyright © 2013 Gifu Cancer Information Center. All Rights Reserved.